純真と純粋

純真無垢ではない、か。ちゃんと自覚を持っているんだなと思った。

 

自分も、純真無垢ではいられなくなったから、違うと自覚している。

でも純粋ではありたい。

まっすぐにいたい。

 

黒いものは心に混じったけれど、すべての事象に黒が混じらないようにいたい。

 

あいみょんくらいすがすがしく言葉を吐けたらなぁ

自由な時間が頭と心の整理には必要である、そう思いながらドバイで飲む、エスプレッソが水で割られたアイスコーヒーは氷が溶けて薄くなったコーヒーのほんの先の未来

海外に行くといつも起こる

日常生活だと、感じていたけれど言語化できなかった自分の心が整理されていくのを。

 

多分、海外に行くと、日本語が聞こえることによって起きる雑念が生じないのと、次々と来るタスクを片付けていくのに必死な環境から抜け出せているために、いろいろなことを整理する余裕を生み出しているのだとおもう。

 

2年近く、苦しんでいることについて、ぽつぽつと考えることができた。

 

自分は、去年になってやっと、社会にはいい人も悪い人もいることを学んだ。

 

悪い人に苦しめられた。考えなくてもいいのに、一年以上悪い人を理解しようと正面向かって受け止めて深く考えてしまった。とても理解できない悪い人の行動や信条。それでもその人のことを自分なりにわからないといけないと思った。わからないと身の処し方を決められないから。そして、悪い人が反撃する格好の機会をつくってしまった。

この二年間は自分の気持ちが黒くなった。

今まではきれいな水彩絵の具で彩られていた心のキャンバスに、一滴真っ黒な絵具が垂れてじわじわと広がった。

自分の中に初めてできたバグだった。こんなに負の感情が自分の中にあるなんて初めてわかった。

そんな自分をうけとめることを選んだ。心がチクチクもしたけど、少し心が楽になった。

 

悪い人のおかげで、大切にしたいと思う人たちが明確になった。

大切な人が自分に行ってくれた。

 

「あなたは事実がどうかが大事でその正当性を良い人にも悪い人にも受けいれてもらおうと思って行動している。悪い人には、何をいっても受け入れてもらうことなどできない、その人はその人の中にその人の正当性があるから。ほとんどの良い人はちゃんとあなたの事実を理解している。だから、悪い人に心を蝕まれてでも、悪い人にあなたの主張を認めさせる必要なんかない」

 

その通りだと思った。その言葉は本当にありがたかった。

結局、

相手を変えることはできない。

もう相手のためという自己満足はやめる。同時に、

自分は変えられる。

相手の心情や行動を自分の言葉によって変えるなんて、できないのである。でも、自分自身は変えられる。

自分をみた他人がその人の中で自分を変えることができればいい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

悪い人のおかげで、大切にしたいと思う人を大事にしようと決めた。

だけど、大切にしたい人を傷つけてしまった。

本当に悲しい。本当に申し訳なく思う。でも一度起きたことをなかったことにはできない。

 

頭で考えていることと自分の身の外に出る言葉や行動が違ってしまうことが往々にしてある。

しかも、自分の言動が自分の意のままに相手に受け取られないことも多分にある。

 

自分のアウトプットするものは、多かれ少なかれ他人に影響を及ぼすのだ。

 

だから、自分の行動すべてに自分で責任を持つ必要があるのである。

それは自己であっても他者であっても同じで、常に自己あるいは他者とコミュニケーションを取る、自己すらも他者かしてしまえば、いつでも相手を慮り、対応するのである。

 

発現をする前に1秒考える。

とても難しい。

 

 

 

自分は最近になっていろんなことを経験している。他人が5年前には経験しているようなことを。

どんなことも遅すぎるなんてことはないなんて嘘だろう。遅すぎた。

でも一生わからずに生きていくことにならなくてよかった。

 

自分は変えられる。遅すぎたけど、自分を変える。

それが、自分も他人も幸せになっていく道だと私は信じる。

 

アイスコーヒーの氷もすべて溶けた。未来は現実になった。。。

サッカー&花晴れ

気づくのが遅かった。

人生ってそんな連続なのかもしれない。

 

毎回、申し訳なく、すごく悲しくなる。

ハレルヤチャンスがあればどれどけいいか。

 

もちろん、遅かったって後悔する前に、気づけて動けるほうがいい。

できる人を見るとすごいなぁ、見習いたいなぁって思う。

でも実際自分はできていないわけで。

 

せめて失敗って気づいたときに、やり直せる、修正できる気持ちを忘れずにいよう。

 

失敗の連続だ。自分は。

後悔ばっか。

それでも、前を向いて、

成長した自分、変わった自分で、軌道修正していかないとね。

地方自治体のスキームが途上国の地域のスキームになり、途上国の全国のスキームになり、日本の世界のスキームになる

 

環境問題はシームレス。

努力することをあきらめたら、試合終了ですよ

疲れたら休んでもいい、つらいことがあったら愚痴をはいてもいい、

小休止はすべきだし、努力することを休むことはいいことだけれども、

目標があるならば努力することをあきらめてはいけないと思う。

 

悩んで内省することはとても大事。でもそういうのってすべて前を向くため、前進するため、努力することを再開するためにあるんだよね。

 

去年の1年間は自分の実力と心に対して正面向いて認識する時間だった。
もったいない時間の使い方だったけど、人生のどこかで消費しなきゃいけない時間だったのかなって思う。

 

ということで、自分の長所は何事にも真摯に対応し、得られた結果はきちんと検証反省し、次の行動につなげられるところです。